HOME>注目記事>金融車でも保険は入れる!知っておきたい車のあれこれ

金融車でも保険は入れる!知っておきたい車のあれこれ

車

金融車は保険に入れるのか

金融車でも場合によって保険の加入は可能ですし、任意保険によっては車両保険も加入できることもあります。ただ、当たり前のことですが、保険会社によって色々と条件が変わってきます。販売店でも各種取り扱っている保険がありますし、販売店が提携を組んでいる保険会社がありますから、購入の際は1度確認してみてください。もし任意保険に加入できない場合でもドライバー保険には入れますから、自分に合った保険を調べてみると良いかと思います。

意外?金融車でもできること

  • ローンを組む
  • 保険の加入
  • メーカー保証
  • 車両売却
  • ナンバープレートの変更

しっかり確認することが大事

金融車でもできることがいくつかあることがわかったでしょう。しかし、ナンバープレートの変更やローンは場合によってはできないことがあります。しっかりと金融車の販売店に確認してから行ってください。

金融車購入の際に必要なもの

車とお金

実印

実印は、認印とは違います。市役所に登録されている印鑑です。金融車に実印は必要ありませんが、譲渡証明書や委任状に押している印鑑が印鑑登録されているものか確認が必要になります。持っていないという方は登録しましょう。その際に、はんこの種類によっては実印登録できないこともあるので、はんこ屋に確認しておきましょう。

印鑑証明書

印鑑登録できたら、印鑑証明書をもらいましょう。印鑑証明書は、市役所で発行してもらえます。書類提出の日付から3ヶ月以内のものを提出しましょう。3ヶ月以上経っている書類は、使用できません。そういう場合は再度発行しておきましょう。

委任状&譲渡証明書

委任状は、販売店で準備してくれるところがほとんどです。後々に名義変更したい場合や売却の際に必要になってきます。委任状や譲渡証明書があれば、万が一警察に確認を取られた時に証明になる書類ですから、しっかりと揃えておきましょう。また、この2つは必ず実印で押しましょう。認め印でも大丈夫ですが、名義変更する際は認め印でできませんので注意しましょう。